2008年10月22日

今年も会えました、感謝・・ウメバチソウ

待ちに待ったお花の時期です。

昨年も10月20日にとりあげています。

今年はきっと遅れているだろうから、

まだかもしれないと思い見に行きました。

歩いて10分ほど、胸が高鳴ります。

予想は見事に裏切られ、暖かい朝のひかりにつつまれて

咲き乱れておりました。

感謝・・・



100_7336-c.JPG


いつもよりも小ぶりでしたが、

そのかわりに、いつもよりたくさん咲いていました。

小さな画像はクリックして大きくしてご覧になってくださいね。


100_7342-c.JPG 100_7335-c.JPG


100_7334-c.JPG 100_7330-c.JPG 100_7329-c.JPG


100_7333-c.JPG



このお花は毎年書きますが、1つの茎に1つの葉と1つのお花です。

それを知らずにはじめて葉を見たときは、ただただ驚きました。

見ていただくとわかりますが、根元にかわいい葉が一枚。


100_7327-c.JPG 100_7325-c.JPG 100_7324-c.JPG

蕾もたくさん見かけましたので、最盛期は見事でしょう。


100_7344-c.JPG 100_7345-c.JPG


いつまでも咲き続けることができますように・・・
posted by ブリ at 01:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわあ、きれいに撮れましたねー。
シベの透明感がとってもいいですね。
Posted by はた衛門 at 2008年10月22日 06:59
たくさん咲いてましたね〜
たくさんの朝露でシベがガラス細工のようです。
すぐ近くで見られるなんて羨ましいです。
毎年見られるのは楽しみですよね〜
その嬉しさがたくさんの画像で伝わってきますよ。
ほんとに可愛いお花です。
Posted by otome at 2008年10月22日 07:51
おしべがまるで氷で、できているようですね。
ふれるとちりちりと優しい音を
だして解けていきそうな…

おもわずわたしも、去年のお花たちを
さがしてみました。
どの子も、去年と、同じ花なのに
やっぱりちがう…

それは、きっとブリさんが
一つ、一つのお花としっかり
向き合ってるからでしょうね

これもブリマジーック!
Posted by ぐりお at 2008年10月22日 07:59
はた衛門さん、こんにちは。
お返事いつもおそくなってすみません。
毎年毎年、ウメバチソウの美しさが
うまく写らなくなってきている気がします。
あんなに清楚でうつくしいのに
その何分の一も写っていないような。
なぜなんでしょうか。
カメラの性能が落ちてきているのかななんて、
ひとのせいにばかりしています。
はた衛門さんはカメラを新しくされて、
さらに、写真が素晴らしくなられましたよね。

きっと、我慢が足りなくなってきているんでしょうね。
なんかシャッターを押すタイミングが
早く早くなってきているんです。
気持ちと動作がちぐはぐのような。
ちょっと滝にうたれたり、
がけからつるされたりしないといけないのかも。
Posted by ブリ at 2008年10月24日 12:05
otomeさん、こんにちは。
ありがとうございます。
数で勝負しているような画像をほめていただいて、
申し訳ないです。

お花は本当に美しくて、
わたしが一年できっと一番待ち焦がれているお花かもしれません。
こんなこというと、
他のお花に申し訳ないのですが、
憧れのお花です。
1つのお花に1つの葉という潔さに惹かれているのかもしれません。
すべてをそぎ落としたようでいて、
お花は豪華で。
いいですねぇ〜
あこがれてしまいます。
そんな生き方したいですねぇ〜
Posted by ブリ at 2008年10月24日 12:10
ぐりおさん、こんにちは。
去年のお花たちも見ていただけたのですか。
ありがとうございます。
去年のお花のほうが少し大きかったのです。
今年は背が少し低くて、
その代わり、数が多かったです。
夏の酷暑のせいでしょうか。
この場所は夏の暑い盛りも
横を水がこんこんとながれている沢のそばなんですよ。
そこで、こういう状態ですから、
今年のお花たちはしんどかったかもしれません。
それでも、体を小さくしたり、いろんな工夫をして、
がんばってさいてくれることに感謝するばかりです。

そうですね。
お花としっかり向かい合って、
画像におさめていきたいです。
Posted by ブリ at 2008年10月24日 12:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック