2010年12月28日

炭焼きと不思議な落し物・・・

このあたりではところどころに炭焼きの窯がまだ残っています。

使われずに草に埋もれているものが多いですが、

現役でがんばっている窯もあるんですよ。


100_0680-1-f.JPG

煙が上がっていると、

少しはなれたところでも、炭を焼くいいにおいがします。

いいなぁ〜 なんか落ち着きます・・・




今回のメインはこの窯のそばの道で見かけたものです。

以前から不思議に思っていたのですが、

↓こんなふうに道が汚れていることがあるんです。

100_0690-f.JPG

深く考えたことがなかったのですが、

この前、見ていると汚れの正体がなんとなくわかったような・・・

↓おそらくコレです。ヌルデミミフシ。

ヌルデにつく虫こぶです。


100_0687-f.JPG 100_0685-f.JPG


そうかぁ

そういいましたら、タンニンが多く含まれていて、

昔はお歯黒の元になるっていってましたよねぇ



ちなみに、↑コレがヌルデミミフシなら、ついていた木は↓これですよね。

以前撮っていたのですが、

すごいですでしょ。実の周りについているのはリンゴ酸カルシウム。

吸収されやすいカルシウムで食品添加物にも使われているそうな。

鳥たちが好んで食べにくるんだそうです。

(最近、だれかさんがなめてみたら塩辛かったとおっしゃっていました)


100_9997-f.JPG


つまり、↓これなんですよね。


100_8820-f.JPG

100_8822-f.JPG


お花や実のアップもかわいくて、以前確か記事にしています。

ヌルデちゃん、名前も変わっていますが、

いろんな顔をもっているのですねぇ なんか楽しいな!
posted by ブリ at 11:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

雪と霜と氷・・・

今朝は久しぶりによくわからないぐらい冷えました。

コンビニに用事があったので、

山のなかの近道を通って国道沿いに出たのですが、

寒くて、寒くて、手の感覚がどんどんなくなっていきました。

カメラのシャッターを押すことができません。

コンビニで財布をだそうとしたのですが、ポケットのファスナーが下ろせずに、

しばらくレジでもたもたしていました。

ほんまたまらない寒さです。



↓まだ手の指が動いていたときに撮った葉っぱ。

そのときは雪は降っていなかったんですが、

雪の結晶が見えました。


100_0660-1-f.JPG



↓小さな画像はクリックして大きくしてごらんになってくださいませ。

葉についている霜が、いつもと少し形が違います。

シャンデリアの飾りのようです。


100_0658-f.JPG


こちらはあまりピントが合っていませんが、

寒くてじっとしてられなくて、もっと撮ってくればよかった・・・

100_0666-f.JPG  100_0663-f.JPG



今日はげんこつで氷をごつんとたたいてみましたが、

手が痛かっただけでした。

さすがに踏んだらわれましたけれど。

下に水がないのに、どうして氷がはるのでしょう。

100_0632-f.JPG

100_0638-f.JPG


明日の朝は今日よりも冷えこむとか。

豊能地域の予報は−5度。

開けた町の西地区の方の予想気温でしょうから、

山手のこちらはもっと冷えるでしょう。

おそろしやぁ〜

また家の中の玉ねぎが凍るかも。
posted by ブリ at 17:53| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

伐採とヤマガラ・・・

昨日のつづきです。

川原へ行くときに通ったお山で伐採が行われています。

アスカちゃんともよくお散歩した場所です。

両手をひろげても届かない大きな木がたくさんあったんですよ。

数ヶ月前から、大木が次々と倒されていく音が家の方まで聞こえてきて、

つぎからつぎへと運び出されていく木を寂しい気持ちで見送っていました。

そして、倒された木が霜でおおわれる季節になりました。


100_0555-f.JPG


どれぐらい生きていた木なのでしょうねぇ

年輪が数え切れないです。

小さな画像はクリックして大きくしてご覧になれます。

100_0557-f.JPG


現場には氷もはっておりました。

100_0560-f.JPG


切り開かれたお山は余計に寒々と見えて、

あれだけの大木になるのに、どれだけかかったのだろうなどと、

どうしようもない気持ちばかりがうかんできます。

でも、お山も生まれ変わっていかないといけないのですよね。

人のサイクルよりはずっとずっと長い木々のサイクルが

ゆっくりとめぐっていくのでしょう。




今朝、waiwaiさんのブログでヤマガラを見せていただいて、

以前撮ったヤマガラの写真を思い出しました。

たしか木の実をもって、くちばしでコツコツしていたような・・

探したら、運良く見つかりました。

↓こちらです。


100_1679-1-f.JPG

コツコツしている写真もあったのですが、

ぼやけていました。

アップできないわけですねぇ^^
posted by ブリ at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする