2010年11月28日

瑞々しい道端の花たち・・・


今日は大好きな草むらのお花たちです。

まずは、アスカどんの姿が頭をよぎったこのお花から。

儚げに、でもどこか強か(したたか)に咲きのこっていたゲンノショウコ。

100_0314-1-f.JPG


見たときはその姿に驚いたのですが、

どうもこういう姿になるみたいですよ。

他の場所でもほら!

100_0331-1-f.JPG

↑右の花後のすがたは何のお花でしょうか。

きっと知っているお花なのでしょうねぇ

忘れているだけで・・・



次は、今年かなり撮りました。

以前から好きだったのかも・・と気がついたイヌタデ?

100_0335-f.JPG


なかなかよろしいでしょ。

↓右側の画像の葉のうしろに虫さんが隠れています。

クモなんかなぁ 黄色の線が2本みえるのですが。


100_0337-f.JPG 100_0328-f.JPG


最後は、この子達も今年何度目でしょうか。

サクラタデ、最後はこんなふうになるのですね。


100_0195-f.JPG

100_0195-f.JPG

100_0188-f.JPG



次回はやっと赤に移ります。

でも、今年は紅葉、ほとんど撮ってません・・・トホホ



==========

お仕事の合間をぬって、趣味でつづけているパッチワークキルト。

そのお教室の作品展が12月にあり、

現在追い込み、いえ追い込まれております。

更新がかなり滞ってきておりますが、

アスカどんのせいではありませんので、どうぞご心配くださいませんように。


まぁ年をとってゆっくりゆっくりのお散歩はかわりませんし、

確かにいろいろと老齢化は進んでおります。

時間がとまってほしいと願うことが多々ございますが、

今をがんばっているアスカどんをできる限り応援したいと思っています!
posted by ブリ at 13:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

咲き残りの踊り子たち・・・

お山の田んぼの法面に

パラパラと咲き残っていたカワラナデシコ

身をくねらせて踊る、妖艶な踊り子のよう。

100_0308-1-f.JPG



花粉をよんでいるかのような、2本の花柱↓

すでに勝利を手にした喜びの舞なのか?


100_0235-1-f.JPG


少し濃いのや薄いのや、

色のかすかに残った枯れ花さえも←アップしていませんが。

美しかったです。

左の画像には蕾がありますよね。これから咲くのでしょうか。

恐るべし、豊能のカワラナデシコ。

小さな画像はクリックして大きくしてごらんになってくださいね。

100_0234-1-f.JPG 100_0315-f.JPG


同じように咲き残っていたヤマラッキョウも。

雫と一緒に。

100_0288-1-f.JPG


もう一回紅色で、その後は赤に移る予定です。

あくまでも予定は未定ですが・・・
posted by ブリ at 01:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

紅・・秋深し・・・

青い実といいましたら、ノブドウを思い浮かべますが、

そういえば、この実もあったんだぁと

見たときにそう思いました。

クサギの実。

タイトルは紅ですが、どうしてもきれいなブルーに目がいってしまいます。





100_0212-f.JPG


いつもクサギは違うお山で撮ります。

というより、この場所にクサギがあったことさえいままで知りませんでした。

この時期にここに来なかったら、

ずっと知らないままだったかもしれません。


小さな画像はクリックして大きくしてごらんになってくださいね。



100_0211-f.JPG 


ずっと向こうまで、こんなにたくさんあったのですねぇ↓


100_0210-f.JPG  100_0208-f.JPG


もうひとつ、こちらはタイトルどおりの紅の実です。

お花も何回も撮ったのですが、

結局アップしないまま、実に突入です。

ツルリンドウの実、正真正銘の紅色ですねぇ



100_0275-f.JPG


お花は薄紫ですのに、花後はこんなにきれいな紅色を帯びるのですねぇ



次回も紅のつづきかな・・・
posted by ブリ at 17:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする