2010年02月28日

新しい散歩道・・・フキノトウとタラノキ

先日であった新しい散歩道の風景です。

まだまだ奥につづいています。

田んぼに沿って、山際に歩きやすい道が続いていました。

小川も流れていますから、いろんなお花に出会えそう。

100_2081-e.JPG



今回、いくつかのお花の後に出会いましたが、

それは次回のおたのしみ。

まずは、このまえ公園でも出会ったのですが、

お山のフキノトウはやはり野性味ゆたかで大きいですね。


100_2050-e.JPG



小さな画像はクリックして大きくしてごらんになってくださいね。

見ているだけで、口の中にフキの香りがひろがりそう。

100_2048-e.JPG  100_2049-e.JPG


そして、こちらはタラノキですよね。

芽は出ていませんでした。残念。

100_2095-e.JPG

100_2094-e.JPG


↓そして、ヒヨドリジョウゴの実ですね。

小川に2粒。

100_2054-e.JPG


と思っていたら、

そばにこんなにたくさんありました!

クリックしてご覧になってくださいね。

たくさん見ることのできる場所は他にもあるのですが、

そこにはもうこんなに残っていませんでした。


100_2056-e.JPG


さぁ 2月もおわりですねぇ〜

時間のたつのはなんてはやいのでしょうか・・・
posted by ブリ at 00:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

久しぶりの羽音・・・

今朝はよいお天気に誘われて、お山の散歩コースへ。

途中で田んぼの工事が始まっていましたので、

初めての道に入りました。

わたしにはちょうどよい新しいお散歩コースを発見です。

小川沿いに続く道で、お花の後をたくさん見かけました。

はじめてのお花の後を二つも!どんなお花が咲いていたのかなぁ

これからの季節、どんな子達に会うことができるのでしょう。

とても楽しみです。ワクワク


帰り道で、大きなヤブツバキの木のそばを通りましたら、

虫たちの羽音がします。

たくさんのニホンミツバチが飛び交っていました。

久しぶりに耳にする虫の羽音です。


100_2129-e.JPG


小さな画像はクリックして大きくしてごらんになってくださいね。

小柄なミツバチが忙しそうにあっちの花からこっちの花へと。

ひさしぶりの虫たちの羽音です。


100_2122-1-e.JPG


せっかくのりっぱなツバキの木でしたのに、全体像が写っていませんでした。


100_2125-1-e.JPG

100_2126-e.JPG 100_2127-e.JPG


最後は、虫さんつながりで。

左の斑点のあるのは、去年調べたのに・・・

右は??


100_2027-1-e.JPG 100_2028-1-e.JPG


久しぶりでうれしい反面、

いろんなことを忘れてしまっていることに気付き、唖然といたしました。

またひとつずつ思い出していかないといけませんねぇ
posted by ブリ at 01:34| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月23日

林の中の不思議なもの・・・クスサンの繭

昨年の夏に林の中で出会ったんです。

ナンだろうと思って、そのままになっていましたが、

先日ネットでよく似たものを見かけました。

何かの実の殻かなと思っていたのですが、

全くのハズレで、なんとクスサンの繭だそうです。

ほんまかいな!とつぶやいてしまいました。


クリックして大きくしてごらんになってくださいね。

林の暗闇の中でスポットライトを浴びて、浮かび上がっていました。


100_5426-d.JPG



不思議なものですね。

釣りのテグスになるほど強い糸なのだそうですよ。

昔の人はこれをスカシダワラと呼んでいたそうです。

見たままですが、なんとピッタリとして、趣のある呼び名であることか。

クスサンはかわいくて、大好きな蛾なんです。

そうなんですかぁ こんな繭の時期をすごすのですねぇ

今年会うことができたなら、声をかけてみます。

すてき繭を見せてもらいましたよと。




少し前に、NHKで里山シリーズという番組を見ました。

そこに、やまおやじとよばれるクヌギの老木が登場していたのですが、

↓よくにた木を見かけました。


100_1441-e.JPG


じっと見ていると、こみあげてくるものがあります。

元気で長生きせなあかんよぉ〜って。
posted by ブリ at 13:05| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする