2009年05月31日

薄桃色をおびるノイバラ・・・・

今、山際ではノイバラが白い滝のように咲いています。

その白い流れのところどころに薄桃色の花びらが。

なぜか意地になって薄く色を帯びたお花ばかりを撮ってしまいました。



100_3608-d.JPG

100_3536-d.JPG


また同じものばかりですが、

たくさん撮った中から、とくに色が濃いものを選びましたので。

小さな画像はクリックして大きくしてごらんになってくださいね。


100_3609-d.JPG   100_3529-d.JPG  100_3528-d.JPG

100_3611-d.JPG  100_3535-d.JPG


前回の記事にありましたように、

ノイバラをとっていましたときに、ツノゼミくんに出会いました。

そのときに出会った他の虫くんたちもご覧くださいませ。

コメツキくんに、仲良しハムシペア・・・

100_3553-d.JPG  100_3550-d.JPG

100_3543-d.JPG  100_3542-d.JPG 


100_3546-d.JPG  100_3565-d.JPG



次回は同じように薄紅色をおびたお花を。

とても輝いていた瑠璃色のカメムシくんも登場します・・・
posted by ブリ at 18:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

後姿がなんとも・・・・ツノゼミ

この日は、スイバの果実の色があまりにきれいで、

写真をとるのに必死で格闘しておりました。

なかなかな色合いですでしょ。


100_3559-d.JPG

小さな画像はクリックして大きくしてごらんになってくださいね。

100_3560-d.JPG  100_3561-d.JPG  100_3558-d.JPG


その中に、この子がいました。

驚くぐらい小さくて、よくわたしの目に見えたことです。


100_3562-1-f.JPG

なんか笑ってしまう後姿です。

ツノゼミでいいと思うのですが・・・

100_3563-1-d.JPG 100_3564-1-d.JPG


後姿といいますと、

この日は後姿のかわいい子たちに会いました。

左はおそらくアトボシアオゴミムシ、右はモンヤガの仲間だろうとおもいます。

右の子は背中にハートのマークがついていますでしょ。

ウソみたいな模様ですが、これがほんとなんですよぇ〜

大きくしてごらんになってくださいませ。


100_3531-1-d.JPG 100_3533-d.JPG


この子達はノイバラを撮っていると、

あわててでてきました。

右の子は一応ガの仲間ですのに、走って逃げていましたよ。

はやいこと、はやいこと!

朝早く、さわやかな風が吹いておりました・・・

100_3539-d.JPG
posted by ブリ at 13:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

草むらがつづきます・・・カラスビシャクたち

朝のお散歩でよく通る道なのですが、

まったく気付いていませんでした。

カラスビシャクだとおもいます。

他所で見せていただいて、みたいなぁ〜とおもっていたんですよ。



100_3458-d.JPG


小さな画像はクリックして大きくしてごらんになってくださいね。


100_3460-d.JPG 100_3461-d.JPG

100_3463-d.JPG 100_3457-d.JPG


次は草むらの写真に見えますでしょ。

まぁ〜草むらは草むらなんですが、

どこにある草むらかといいますと・・・


100_3441-d.JPG


炭焼きの窯の屋根の上の草たちです。

         ↓ちょうどこのあたりです。
100_3442-d.JPG


そして、この日の虫くんたち。

最初のぺったんこの子は、ホソバの仲間なのはわかりますが、

くわしいところは?

なかなか不思議な形ですよねぇ〜

もうひとつの成虫はシャクガの仲間だと思うのですが、

ふたつの黒い小さな斑点があるから、そういう名前かも。

でも、調べるときにいろんなシャクガをみましたが、

ひとつひとつとてもきれいでした。

今朝も少し黒めの子がイボタノキにいたので、あわてて撮りました。

幼虫さんは、点々のついた子がハバチさんの仲間の幼虫で、

四角の柄の子がトンボエダシャクの幼虫?

もう限界・・・・これでもかなりたいへんでしたもうやだ〜(悲しい顔)


虫のつぶやきさんから、名前を教えていただきましたので、

それぞれ書き加えました。ありがとうございます。


         ツマキホソバ
100_3489-d.JPG


                  
100_3490-d.JPG     100_3446-d.JPG
                 ↑アケビコンボウハバチの幼虫。




   ↓トガリエダシャク     ↓トンボエダシャクの幼虫
100_3478-d.JPG     100_3475-d.JPG


最後は、ベニシジミですよね。

幼虫で越冬すると聞きますから、

春に生まれたタイプだと思うのですが、

もうかなり翅が傷んでいます。

色も薄いし・・

でも、弱っているようには見えなかったです。

まだまだだいじょうぶ!


100_3496-d.JPG

この子をみていると、うちの黒い子がどうしても重なります・・・


次回はみたかったツノゼミくんです。

昨日出会いました・・・
posted by ブリ at 16:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする